ヨーロピアンベーカリーについて

  • TOP
  • ヨーロピアンベーカリーについて

ヨーロピアンベーカリーおいしさの秘密

ヨーロピアンベーカリーおいしさの秘密
ヨーロピアンベーカリーおいしさの秘密

違うのは小麦と水、そして長~い歴史

ヨーロッパ大陸は、石灰岩が多く含まれるアルカリ土壌、そのため水も硬水となります。
その土壌と水で育つ小麦粉は、膨らむ力は弱いのですが、むっちりしていて焼くと香ばしいものになります。
その小麦粉の特徴を最大限生かしたのがヨーロッパの食事パンです。
歴史に登場したのは、紀元前3000年も前のエジプト時代、小麦粉を使って発酵させたパンが初めて作られ、流通していたと言われています。
その後ギリシャ、ローマ時代を経てヨーロッパ全土にわたり、各地でパンの文化が花開きました。
中でもドイツはその種類と数の多さでは群を抜き、北部ではライ麦パン、南部では小麦粉によるパン、その組み合わせなどで1200を超える種類があると言われています。
当然、日本のパンとは食べ応えに違いが生まれますので驚かれる方も少なくないです。

冷凍生地

現在ぺるるで焼いているパン生地は、ヨーロッパから直輸入した冷凍生地です。
パンをおいしく届けるために、十分に発酵させた生地をそのまま急速冷凍した後、輸送し現地で焼成するという手法が開発され、世界中のどこでもおいしいパンが食べられるようになりました。
特に、品質の高さにおいてはホテルやレストランなどで利用されているほどです。
この冷凍生地のおかげで、日本でも気軽に本格的なヨーロピアンベーカリーを楽しむことができます。