自家焙煎コーヒーへのこだわり

  • TOP
  • 自家焙煎コーヒーへのこだわり

「お客様の声」からはじまった自家焙煎

コーヒー豆は鮮度の維持が大切

コーヒー豆は鮮度の維持が大切

コーヒー豆は鮮度が命!焙煎直後より劣化が始まります。
焙煎後のコーヒー豆を密閉せず日光に当てて放置すると、刻々と味わいと香りが落ちていってしまいます。

生鮮食品と同じように扱うことで、味わいや香り・コクと苦みや果実を絞った様なフレッシュな味わいを持続し熟成させることが出来ます。

コーヒー豆は鮮度の維持が大切

通常市販されているコーヒー豆は、賞味期限の記載はされていますが、ほとんどが焙煎の日時が表示されていません。
コーヒー豆をお選びになる際は、ぜひ焙煎日が記載されているか否かをチェックしてみてください。
ぺるるではもちろん焙煎日を記載して販売しております。
また、焙煎後1ヶ月で飲んでいただくことをおすすめしております。

自家焙煎を導入したきっかけ

自家焙煎を導入したきっかけ

当初ぺるるは業者から仕入れたコーヒーをただ販売するだけでしたが、豆の劣化に気づかせていただいたのは、 「お客様の声」からでした。

「お店」として営業していくにあたって、コーヒー豆の持つ本来の美味さ・味わいのある商品をご提供したい。 商品に自信を持ち、ご購入いただくお客様にも納得していただこうとの想いから「焙煎機導入」を決めました。

ぺるるでは、四季折々の豆のコンディションをみて最適な焙煎をしています。

生豆選別から焙煎後の処理

生豆選別から焙煎後の処理

コーヒー豆は「煎れば商品になる」というものではありません。
国や耕地の違い、標高や平均気温の違いが大きく味わいに影響を及ぼします。
「焙煎」というのは炎か、熱風により熱を加える事で起こる「化学変化」です。
できるだけ均一に熱を加えて煎りあげる技術が必要とされます。

煎りあがった豆には不良品(虫食いや死豆)も含まれており、これを除去しなければ豆の持つ“ 本来の味わい ”を抽出することは出来ません。
目視によるハンドピックが必須となります。

環境によって様々な特性を持つコーヒー豆、それぞれの豆の炒り具合・膨らみ具合を見ながら不良品を除去しています。
楽な作業ではありませんが、商品と真摯に向き合うためには必要不可欠な作業なのです。

コーヒーは 淹れる人の味わいになる 嗜好品

コーヒーは 淹れる人の味わいになる 嗜好品

コーヒー豆をご購入いただいたお客様より「家で淹れるのとお店で飲むのとでは、味わいが違う!詐欺ではないか?」と冗談めかして言われる事があります。

おっしゃる通り、コーヒーは淹れ方によって大きく味わいを変えるもので、淹れる人の味わいを醸す嗜好品です。
お湯の温度、豆の蒸らし、抽出速度、湯の投入回数によって様々に味わいを変えてしまいます。
10年以上コーヒーを淹れているスタッフでさえ、150㏄の抽出では 味わいがブレてしまう…

コーヒーは 淹れる人の味わいになる 嗜好品

厳密に言えば それほど繊細で過敏に反応できる嗜好品。
まさに生鮮食品と云われる由縁です。
ぺるるでは「手淹れ」と「サイフォン」の味わいが楽しめます。
お時間のある時にご来店いただければ、コーヒー談義や軽いうんちく等もご紹介させていただきます。